最新情報

イベント案内:南九州先端医療開発センター キックオフシンポジウム(1/15)

医療分野の研究開発においては、規制に準じた非臨床・臨床開発、承認というゴールを見据えた一貫した研究マネジメント、各段階での専門知見に基づく研究支援の必要性など、高度の専門性が要求されます。また本分野は、グローバルな競争が必要で、その一方で研究成果の社会還元の波及効果も極めて大きいという、学術的・社会的にも重要な研究領域の一つです。よって、2015年に「国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)」が設立されるなど、本邦全体の取り組みや制度も、この数年で大きな変革がなされました。
このような時代の要請に対応すべく、鹿児島大学大学院医歯学総合研究科に、「本研究科の基礎研究で創出される創薬・医療機器・再生医療等製品等のシーズを、実用化(産業化)まで切れ目なく研究開発を進める」ことを目的とした、「南九州先端医療開発センター」を平成30年4月に新設しました。
今回、センター開設を記念して、「本学発の革新医療シーズの実用化を目指して」というテーマで、南九州先端医療開発センターキックオフシンポジウムを開催いたします。

日時:平成31年1月15日(火)13:00 ~ 17:00

会場:鹿児島大学医学部鶴陵会館(鹿児島市桜ヶ丘8丁目35-1)

参加費:無料(申込が必要)

対象:国内外の大学・教育研究機関、自治体、企業、報道機関、本学の教職員・学生・関係者など

その他:ご来場の際は公共交通機関をご利用ください。 シンポジウムへの参加は、なるべく事前登録申し込みをご利用ください(満席の際は、事前登録された方を優先させて頂きます)。

お申し込み・詳細はこちらをご参照ください。
http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~skc-imda/kickoff-symposium/

プログラム
【開会挨拶・祝辞】
前田 芳實 先生(鹿児島大学長)
夏越 祥次 先生(鹿児島大学病院長)
【第一部】 本邦での革新医療の開発の推進
「臨床研究の国際的動向・今後の臨床研究の課題と展望」
井本 昌克 先生(国立研究開発法人 日本医療研究開発機構 臨床研究・治験基盤事業部 部長)

「アカデミア発医療イノベーション:これからの大学の使命」
中西 洋一 先生(九州大学病院 ARO次世代医療センター センター長)

「アカデミアシーズによる革新的医療開発の支援 ―京都大学の取り組みと成果」
清水 章 先生(京都大学医学部付属病院 臨床研究総合センター 教授・副センター長)

【第二部】本学発の革新医療シーズの研究・臨床開発
「南九州先端医療開発センターの概要と研究推進プロジェクト」
小戝 健一郎 先生(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 南九州先端医療開発センター長)

「鹿児島大学病院臨床研究管理センターの取り組み」
井戸 章雄 先生(鹿児島大学病院 臨床研究管理センター長)

【閉会挨拶】
佐野 輝 先生(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科長)

■問い合わせ先 : 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 南九州先端医療開発センター
キックオフシンポジウム事務局
TEL : 099-275-5219
E-mail : skc-sec@m.kufm.kagshima-u.ac.jp

■主催 : 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科