最新情報

【1/23(木)開催】ひろしま医療関連産業研究会 成果発表会

ひろしま医療関連産業研究会 成果発表会

広島県では、県内企業の優れたものづくり技術を活用し、平成 23 年度から医療関連産業クラスター形成を 目指して、医療・福祉分野における新たな産業の育成に取り組んでいるところです。
「ひろしま医療関連産業研究会」(会員数 458 団体:令和元年 10 月 15 日現在)では、会員企業の生産拡大 や受注拡大などの取組に対してさまざまな支援を行ってきた結果、医療・福祉機器の開発・製品化や医療機器メーカー等からの新たな受注の機会なども増えてきました。
こうした広島の医工連携の取組を広く情報発信し、今後の取組を拡充していくため、この度、広島大学との共催で、「ひろしま医療関連産業研究会」の会員企業による取組成果の発表や製品等の展示会とともに、広島大学におけるAMED事業を活用したニーズ収集など新たな拠点における取組についての紹介を行うこととしました。
研究会の会員企業の皆様、医工連携に関わりのある企業、大学、支援機関の方、また、これから医工連携に取り組んでみたいと思われる方の多数のご参加をお待ちしております。

日時:令和2年1月23日(木) 13:00~17:15(受付開始12:00~)
場所:広島県情報プラザ 多目的ホール
主催:ひろしま医療関連産業研究会(事務局:公益財団法人ひろしま産業振興機構)
   広島大学トランスレーショナルリサーチセンター

プログラム
13:00~13:05 開会あいさつ
 ひろしま医療関連産業研究会会長 中川宜明
 (㈱ジェイ・エム・エス 研究開発本部 研究管理部長)

13:10~14:10 特別講演
 臨床現場発の医工連携の実践~臨床、企業、行政の連携に向けて~(仮題)
 大分大学医学部附属臨床医工学センター 教授 穴井博文 氏

14:20~15:40 成果報告
  ㈱ユニタック ~自社技術と大学連携で治療機器を開発~
  ㈱ハマダ ~得意な加工技術を活かして医療機器分野に進出~
  ㈱モルテン ~医療・福祉分野における課題を学術的に探究し革新的な機器を開発~
  ㈱システムフレンド ~ソフトウエア技術でリハビリから介護まで~

15:40~16:10 広島大学AMED次世代医療機器連携等拠点整備事業の紹介
 ひろしまバイオデザインの取組について(仮題)
 広島大学トランスレーションリサーチセンター 准教授 木阪智彦

16:00~17:15 製品・技術展示
 多目的ホールの各展示ブースにて、担当者から説明(20社程度)

17:15 閉会

17:30~18:30 意見交換会(参加無料)
多目的ホールの展示会場において、軽食を取りながらの意見交換会を開催。
展示製品を囲みながらの情報交換や新たなネットワークづくりの機会として、こちらの方にも、ぜひ、ご参加ください。 

申込期限:令和2年1月10日(金)まで

お申込み:添付のチラシをご覧ください
      成果発表会プログラム兼申込書

問合せ先:公益財団法人ひろしま産業振興機構
     ひろしま医工連携推進センター〔担当:藤本、橋本〕 TEL:082-270-7709
     (広島市中区千田町3-7-47)

詳細は以下のwebページをご覧ください。
http://www.hiwave.or.jp/ikourenkei/activity_schedule/2018/