最新情報

9/3・4開催「Translational Science and Medicine Training Program (TSMTP)」【7/22更新】

2022/07/12

九州大学病院ARO次世代医療センター・九州大学生命科学革新実現化拠点橋渡研究推進部門では、
AMED橋渡し研究戦略的推進プログラ厶の一環としてTranslational Research(TR)人材育成を
目指した教育プログラム、TSMTP(Translational Science & Medicine Training Program)
を開設しています。
本プログラムは、医学・歯学・薬学分野を専門とする方に限らず、広く若手研究者(博士課程学生を含む)
を対象としております。産学官の第一線で医薬品開発を推進する先生方による講義を通して、将来
医薬品開発やTranslational Researchに携わる人材の育成を目指します。
医薬品の研究開発に興味がある先生方、支援部門関係者、学生の方、製薬企業の方はぜひご参加ください。
新型コロナウイルス感染症の第7波が到来し、現時点で感染拡大状況の予測が困難であるため、
オンラインでの開催に変更させていただきます。(7/22)

【開催日】
2022年9月3日(土)10:00~17:45終了予定
2022年9月4日(日)10:00~16:10終了予定

【会場】
日本橋ライフサイエンスビルディング
Zoomによるウェビナー形式(7/22更新)

【講師情報】※敬称略
(1日目)
馬場 英司(九州大学病院ARO次世代医療センター):橋渡し研究の概要
林  健一(アラメディック株式会社):TPP&CDP
川西 英治(九州大学大学院薬学研究院):リード化合物の創製と最適化
伊井 雅幸(Axcelead Drug Discovery Partners株式会社)
                  :創薬ターゲットの選択とスクリーニング系の確立
藤本 和則(第一三共株式会社):候補化合物の選択と初期評価
平井 照正(株式会社新日本科学):GLP
吉田 宏治(九州大学病院ARO次世代医療センター):医薬品開発と特許
鈴木 康文(千寿製薬株式会社):新薬の薬価算定について
善光 龍哉(国立研究開発法人 日本医療研究開発機構):AMED-BINDS事業紹介

(2日目)
若本 拓朗(田辺三菱製薬株式会社):GMP、CMC
小居 秀紀(国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター):治験薬概要書
戸高 浩司(九州大学病院ARO次世代医療センター)
                :GCP, 治験届, 臨床開発・第I相, II相, III相臨床試験
中林 哲夫(独立行政法人 医薬品医療機器総合機構):PMDA-新薬の評価と審査
河原 直人(九州大学病院ARO次世代医療センター):倫理、COI
近藤 健二(トランサージュ株式会社):製薬企業におけるマーケティング部門のミッションと役割

【参加費】
無料(原則全プログラムにご参加ください)

【対象】
製薬企業・アカデミアに関わらず、今後医薬品の研究開発に携わりたいと考えている若手研究者(博士課程学生を含む)

【定員】
50名(7/22更新)
申し込みは定員に達した時点で締め切ります。
(お申し込みは受講者を優先させていただきます。受講生としてご参加の場合、原則全日程受講ください。)

【参加申し込み】
受講者として参加ご希望の方    →受講者申込フォーム
オブザーバーとして参加ご希望の方 →オブザーバー申込フォーム

【お問い合わせ】
九州大学 生命科学革新実現化拠点橋渡研究推進部門
TSMTP担当
Tel:092-642-4802
Mail:nw-info★med.kyushu-u.ac.jp
※★を@に変更してお送りください

【主催】
九州大学病院ARO次世代医療センター・九州大学生命科学革新実現化拠点
【共催】
東京大学医学部附属病院 トランスレーショナルリサーチセンター、北海道大学病院 臨床研究開発センター、大阪大学医学部附属病院 未来医療開発部
【協賛】 
国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)
【後援】
日本製薬工業協会